大内宿で茅刈りと茅葺きワークショップ

2015年11月14日(土)〜15日(日) 詳しくはこちら(PDF)
会 場 体験研修:大内宿茅場、茅葺き研修施設(旧大内分校)
    宿泊:大内宿茅葺き民宿
対 象 小学生以上(小学生は保護者同伴)
定 員 30名(*先着順、要申込)
参加費 一般 10,000円 学生 9,000円(宿泊費、食費、保険料)
服 装 野外活動に適した服装(長袖、長ズボン、軍手など)
11月14日(土)
 13:00 大内宿入口集合
 13:10〜13:20 あいさつ、注意事項など
 13:30〜17:00 茅葺き体験研修
 18:00〜19:00 夕食 秋の会津郷土料理
 19:00〜20:30 交流会
11月15日(日)
  8:30 集合
  8:30〜 9:00 あいさつ、注意事項など
  9:00〜12:00 茅刈り体験研修
 12:00〜13:00 昼食 秋の会津郷土弁当
 13:00〜14:30 茅刈り体験研修
 15:00 解散、集落内自由見学


長野県小谷村でカリヤス茅刈りと茅葺きワークショップ

2015.10.31(土)〜11.1(日) 詳しくはこちら(PDF)
    H27ふるさと文化財の森普及啓発事業
会 場 体験研修:牧の入茅場(ふるさと文化財の森)ほか
    茅葺き文化講座、交流会、宿泊:栂池高原ホテル(長野県北安曇郡小谷村千国乙12840-1)
対 象 小学生以上(小学生は保護者同伴)

10月31日(土)
 12:30 栂池高原ホテル集合
 (東京8:36-長野10:02 かがやき505号 長野駅東口10:40-栂池高原12:10 特急バスが便利です)
 13:00〜13:20 あいさつ、注意事項など
 13:30〜17:00 カリヤス茅刈り体験研修
 18:00〜19:00 夕食 秋の信州郷土料理
 19:00〜20:30 茅葺き文化講座
  「“野火つけ”が小谷村の伝統的茅場のカリヤスの成長に与える効果」
   井田秀行氏(信州大学教育学部 森林生態学研究室 准教授)
  「小谷村の茅刈りと茅葺きの現状と取り組み」
   松澤敬夫氏(小谷屋根)
 20:30〜21:30 交流会
11月1日(日)
  8:30 集合
  8:30〜9:00  あいさつ、注意事項など
  9:00〜12:00 カリヤス茅葺き体験研修
 12:00〜13:00 昼食 秋の信州郷土弁当
 13:00〜15:00 小谷村集落見学
 15:00 解散
 (栂池高原15:35-長野駅17:05 特急バス 長野17:46-東京19:12 かがやき510号が便利です)
*プログラムは多少変更することがございます。ご了承下さい。


第4回茅葺きの里見学研修会(山形県上山市、米沢市ほか)

2015.10.11(日)〜12(月・祝)
蔵王山麓・吾妻山麓の茅葺きを巡る
宿場・武家屋敷寺社・農家 の茅葺き文化を訪ねます。
詳しくはこちら(PDF)
皆様のご参加をお待ちしております!


総会・第6回茅葺きフォーラム(広島県東広島市大会)

「藝州茅葺きの技と風景」

日 時 2015年6月6日(土)〜7日(日)
場 所 東広島市市民文化センター アザレアホール(東広島市西条西本町28番6号)

プログラム(詳しくはPDFをご覧ください)
 6月6日(土)
  11:30〜 総会
  13:30〜 第6回茅葺きフォーラム
  18:30〜 情報交換会
 6月7日(日)
  9:00〜 見学会

フォーラム会場
東広島市市民文化センター
フォーラム会場
東広島市市民文化センター
同時開催された
樋谷邦夫茅葺き絵画展
同時開催された
樋谷邦夫茅葺き絵画展
日本茅葺き文化協会
安藤邦廣代表理事より挨拶
日本茅葺き文化協会
安藤邦廣代表理事より挨拶
開催地 東広島市長
藏田義雄様より歓迎の挨拶
開催地 東広島市長
藏田義雄様より歓迎の挨拶
同時開催された
樋谷邦夫茅葺き絵画展
来賓 東広島市教育長 下川聖二様
生涯学習部長 大河淳様
講演「中国地方の茅葺き職人」
山口大学 坪郷英彦教授
講演「中国地方の茅葺き職人」
山口大学 坪郷英彦教授
講演「中国地方の茅葺き職人」
山口大学 坪郷英彦教授
講演「中国地方の茅葺き職人」
山口大学 坪郷英彦教授
ティータイムでは地元銘菓の
酒粕のお菓子を楽しむ
ティータイムでは地元銘菓の
酒粕のお菓子を楽しむ
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
コーディネーター 米山淳一理事
(地域遺産プロデューサー)
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
コーディネーター 米山淳一理事
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
開催地紹介
生涯学習部次長兼文化課長
藤岡孝司氏
開催地紹介
生涯学習部次長兼文化課長
藤岡孝司氏
開催地紹介
生涯学習部次長兼文化課長
藤岡孝司氏
開催地紹介
生涯学習部次長兼文化課長
藤岡孝司氏
「東広島市の茅葺き民家の
分布と特徴」
近畿大学 市川尚紀准教授
「東広島市の茅葺き民家の
分布と特徴」
近畿大学 市川尚紀准教授
「東広島市の茅葺き民家の
分布と特徴」
近畿大学 市川尚紀准教授
「東広島市の茅葺き民家の
分布と特徴」
近畿大学 市川尚紀准教授
会場の様子
会場の様子
「藝州流を語る」石井元春氏
沖元太一氏(聞き手 上田進氏)
「藝州流を語る」石井元春氏
沖元太一氏(聞き手 上田進氏)
「藝州流を語る」石井元春氏
沖元太一氏(聞き手 上田進氏)
「藝州流を語る」石井元春氏
沖元太一氏(聞き手 上田進氏)
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
第1セッション
「藝州茅葺きの技と風景」
会場からも熱心な質問
会場からも熱心な質問
同時開催された
樋谷邦夫茅葺き絵画展
ティータイムでは各地の参加者が交流
第2セッション「各地からの報告」
第2セッション「各地からの報告」
「重要文化財門脇家住宅等
保存協力会の活動を通して
考えたこと」門脇由己氏
「重要文化財門脇家住宅等
保存協力会の活動を通して
考えたこと」門脇由己氏
「重要文化財門脇家住宅等
保存協力会の活動を通して
考えたこと」門脇由己氏
「重要文化財門脇家住宅等
保存協力会の活動を通して
考えたこと」門脇由己氏
「愛媛県東温市川内の
茅場と茅講」笹木篤氏
「愛媛県東温市川内の
茅場と茅講」笹木篤氏
24都府県から200名が参加
24都府県から200名が参加
「愛媛県東温市川内の
茅場と茅講」笹木篤氏
「愛媛県東温市川内の
茅場と茅講」笹木篤氏
「イギリスでの茅葺き研修報告」
美山茅葺 大野沙織氏
「イギリスでの茅葺き研修報告」
美山茅葺 大野沙織氏
「イギリスでの茅葺き研修報告」
美山茅葺 大野沙織氏
「イギリスでの茅葺き研修報告」
美山茅葺 大野沙織氏
総合司会 上野美帆理事
(都市農山漁村活性化交流機構)
総合司会 上野美帆理事
(都市農山漁村活性化交流機構)
情報交換会 挨拶
江面嗣人理事(岡山理科大学教授)
情報交換会 挨拶
江面嗣人理事(岡山理科大学教授)
乾杯の挨拶 生涯学習部
次長兼文化課長 藤岡孝司氏
乾杯の挨拶 生涯学習部
次長兼文化課長 藤岡孝司氏
乾杯
乾杯
各地から参加する
茅葺き職人の紹介コーナー
各地から参加する
茅葺き職人の紹介コーナー
各地から参加する
茅葺き職人の紹介コーナー
各地から参加する
茅葺き職人の紹介コーナー
歓迎の挨拶 中締め 企画振興部
次長兼市政情報課長 國廣政和氏
歓迎の挨拶 中締め 企画振興部
次長兼市政情報課長 國廣政和氏
地域の技を熱心に見る
茅葺き職人たち
地域の技を熱心に見る
茅葺き職人たち
見学会 志和堀 岩国家
見学会 志和堀 岩国家
見学会 志和堀 土井家
見学会 志和堀 土井家
見学会 志和堀 ホタル庵
見学会 志和堀 ホタル庵
見学会 志和堀 ホタルの宿
見学会 志和堀 ホタルの宿
見学会 志和堀 千代乃春酒造
見学会 志和堀 千代乃春酒造
見学会 志和堀 木原家
見学会 志和堀 木原家
見学会 志和堀 茅葺きモニュメント
見学会 志和堀 茅葺きモニュメント
地元交流会 ホタルの宿
エコミュージアム活動報告 林浩三氏
地元交流会 ホタルの宿
エコミュージアム活動報告 林浩三氏
ホタル庵の地元の野菜を使った
お昼ごはんに参加者一同舌鼓
ホタル庵の地元の野菜を使った
お昼ごはんに参加者一同舌鼓
地元交流会 生城太鼓の演奏
地元交流会 生城太鼓の演奏
見学会 豊栄の民家
見学会も100名以上の参加者
見学会 豊栄の民家
見学会も100名以上の参加者
見学会 大和町 専徳寺
見学会 大和町 専徳寺
   

会津大内宿で茅刈りと茅葺き体験ワークショップ

日 時 2014年11月15日(土)〜11月16日(日) チラシ(PDF)
会 場 体験研修:大内宿茅場、茅葺き研修施設(旧大内分校)
    茅葺き文化講座、交流会:大内集会所
    宿泊:大内宿茅葺き民宿「伊勢屋」「本家扇屋」「山形屋」を予定

2014年11月15日(土)
 13:00 大内宿入口集合
 13:10〜13:20 あいさつ、注意事項など
 13:30〜17:00 茅葺き体験研修
 18:00〜19:00 夕食(秋の会津郷土料理)
 19:00〜20:30 茅葺き文化講座
 「草地利用による生き物との共生」楠本良延氏(農業環境技術研究所(NIAES)生物多様性研究領域)
 「会津流茅葺きと大内宿の取り組み」吉村徳男氏(大内宿結いの会)
 20:30〜21:30 交流会

2014年11月16日(日)
 8:30 集合
 8:30〜9:00  あいさつ、注意事項など
 9:00〜12:00  茅刈り体験研修
 12:00〜13:00 昼食(秋の会津郷土弁当)
 13:00〜14:30 茅刈り体験研修
 15:00 解散、集落内自由見学
(平成26年ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業)

重要伝統的建造物群保存地区大内宿
重要伝統的建造物群保存地区大内宿
ふるさと文化財の森 大内茅場
茅の育成・採取・加工の研修
ふるさと文化財の森 大内茅場
茅の育成・採取・加工の研修
鎌で手刈り
鎌で手刈り
茅を束ねる
茅を束ねる
刈った茅はニュウにして
春先まで乾かす
刈った茅はニュウにして
春先まで乾かす
記念撮影
記念撮影
茅葺きの研修
茅葺きの研修
縄結び技術の習得
縄結び技術の習得
茅を敷き並べる
茅を敷き並べる
おしぼこで押さえる
おしぼこで押さえる
おしぼこの縄を締める
おしぼこの縄を締める
ガギ棒で屋根勾配を整える
ガギ棒で屋根勾配を整える
出来上がった屋根の上に集合
出来上がった屋根の上に集合
茅葺き文化講座
茅葺き文化講座
「草地利用による生き物との共生」
農業環境技術研究所 楠本良延氏
「草地利用による生き物との共生」
農業環境技術研究所 楠本良延氏
「大内宿の茅葺きと生活文化」
大内宿結いの会 吉村徳男氏
「大内宿の茅葺きと生活文化」
大内宿結いの会 吉村徳男氏
「全国の茅葺き集落と茅刈りと
茅葺きの技」パネル展
「全国の茅葺き集落と茅刈りと
茅葺きの技」パネル展
展示会場 大内宿町並み展示館
(ふるさと文化財の森センター)
展示会場 大内宿町並み展示館
(ふるさと文化財の森センター)
ふるさと文化財の森 大内宿茅場
ふるさと文化財の森 大内宿茅場
茅刈りの技の記録
茅刈りの技の記録
ニュウは茅場に立てたまま
春まで保管する
ニュウは茅場に立てたまま
春まで保管する
「会津の茅葺き 茅場と茅刈り」
学習会 下郷町旭田小学校
「会津の茅葺き 茅場と茅刈り」
学習会 下郷町旭田小学校
     

アイヌの茅葺き文化を訪ねる 第3回茅葺きの里現地研修会〔北海道旭川市、平取町〕

日 時 2014年9月27日(土)〜28日(日)
参加者 日本茅葺き文化協会の会員・関係者 12名
見学先 川村カ子トアイヌ記念館(旭川市)、二風谷アイヌ文化博物館(平取町)
    萱野茂二風谷アイヌ資料館(平取町)、白老アイヌ民族博物館(白老町)
宿泊先 沙流川温泉 ひだか高原荘(北海道沙流郡日高町字富岡444-1)
詳しくはこちら(PDF)

川村カ子トアイヌ記念館(旭川市)
笹葺きのチセ
川村カ子トアイヌ記念館(旭川市)
笹葺きのチセ
チセ内部
川村兼人館長より説明
チセ内部
川村兼人館長より説明
記念撮影
記念撮影
二風谷アイヌ文化博物館(平取町)
二風谷アイヌ文化博物館(平取町)
ポロチセ(大きな家)
ポロチセ(大きな家)
ポロチセ内部
ポロチセ内部
プゥ(食物庫)
プゥ(食物庫)
チセ
チセ
チセ内部 寝床
チセ内部 寝床
オヒョウニレの繊維を撚る
オヒョウニレの繊維を撚る
ガマのゴザ
ガマのゴザ
萱野茂二風谷アイヌ資料館(平取町)
萱野茂二風谷アイヌ資料館(平取町)
チセ職人による解説
チセ職人による解説
ヨシ葺き
ヨシ葺き
白老アイヌ民族博物館(白老町)
白老アイヌ民族博物館(白老町)
チセ内部
中央に据えられた囲炉裏
チセ内部
中央に据えられた囲炉裏
記念撮影
記念撮影
     

会津大内宿で茅刈りと茅葺き体験研修

日 時 2013年11月16日(土) 会津流茅葺き体験研修
    2013年11月17日(日) 茅刈り体験
会 場 体験研修:大内宿茅場、茅葺き研修施設(旧大内分校)
    茅葺き文化講座、交流会:大内集会所
    宿泊:大内宿茅葺き民宿「伊勢屋」「本家扇屋」「山形屋」を予定
対 象 小学生以上(小学生は保護者同伴)
定 員 30名 チラシ表(jpg) チラシ裏(jpg)

スケジュール
11月16日(土)
 13:00〜    大内宿入口集合
 13:10〜13:20 あいさつ、注意事項など
 13:30〜17:00 茅葺き体験研修
 18:00〜19:00 夕食 秋の会津郷土料理
 19:00〜20:30 茅葺き文化講座
「茅刈りが守るちいさないのち」平舘俊太郎氏(農業環境技術研究所(NIAES)生物多様性研究領域)
「会津流茅葺きと大内宿の取り組み」吉村徳男氏(大内宿結いの会)

11月17日(日)
  8:30     集合
  8:30〜 9:00 あいさつ、注意事項など
  9:00〜12:00 茅刈り体験研修
 12:00〜13:00 昼食 秋の会津郷土弁当
 13:00〜14:30 茅刈り体験研修
 15:00      解散、集落内自由見学
(平成25年ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業)


第2回茅葺きの里現地研修会(岩手県一関市)

日 時 2013年8月24日(土)〜25日(日)
参加者 日本茅葺き文化協会の会員・関係者
宿泊先 ホテル三嶋の湯(岩手県一関市千厩町千厩字駒ノ沢234)

スケジュール(予定) ※詳細は多少変更になる場合があります。ご了承ください。チラシ(PDF)
8月24日(土)
  12:30 JR一ノ関駅集合・研修行程の説明
  12:45 バス移動
  13:30 現地研修(1):県指定文化財村上家住宅
      レクチャー「岩手の茅葺きと職人育成」
      千厩、藤沢地区の茅葺き民家ほか 
  18:00 宿泊場所へ到着(入浴・夕飯)
  20:00 懇親会

8月25日(日)
  7:00 朝食
  8:30 宿泊場所を出発(バス乗車)
  9:00 現地研修(2):藤沢地区の茅葺き
  12:00〜13:00 昼食(一関市内)
  13:00 現地研修(3)正法寺、中尊寺
  16:00 JR一ノ関駅到着・閉会

村上家住宅
村上家住宅
村上家住宅
村上家住宅
村上家住宅にて
村上家住宅にて
職人育成研修のためのあずまや
職人育成研修のためのあずまや
千厩の茅葺き民家
千厩の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
藤源寺山門
藤源寺山門
藤沢の茅葺き民家
藤沢の茅葺き民家
日本最大の茅葺き正法寺本堂
日本最大の茅葺き正法寺本堂
正法寺庫裏から見る本堂
正法寺庫裏から見る本堂
水沢の茅葺き民家主屋と馬屋
水沢の茅葺き民家主屋と馬屋
中尊寺能楽堂
中尊寺能楽堂
中尊寺鐘楼
中尊寺鐘楼
一ノ関家老屋敷沼田家住宅
一ノ関家老屋敷沼田家住宅
       

総会・第4回茅葺きフォーラム(静岡県富士宮市朝霧高原大会)
「富士山麓茅葺き景観の復活 世界遺産に向けて」

日 時 2013年5月25日(土)~26日(日)
場 所 富士宮市文化会館(静岡県富士宮市宮町14−2)
プログラム(詳しくはPDFをご覧ください)
 5月25日(土)
  11:00~ 総会
  13:00~ 第4回茅葺きフォーラム
  18:30~ 情報交換会
 5月26日(日)
  8:30~ 見学会

第4回茅葺きフォーラム
静岡県富士宮市
第4回茅葺きフォーラム
静岡県富士宮市
アサヒ飲料より提供された富士山のおいしい水
アサヒ飲料より提供された
富士山のおいしい水
パネル展
パネル展
受付の様子
受付の様子
富士宮市長 須藤秀忠氏
より歓迎の挨拶
富士宮市長 須藤秀忠氏
より歓迎の挨拶
日本茅葺き文化協会 安藤邦廣代表理事
日本茅葺き文化協会
安藤邦廣代表理事
「草原の文化的景観」
東京農業大学 麻生恵教授
「草原の文化的景観」
東京農業大学 麻生恵教授
「草原の文化的景観」東京農業大学 麻生恵教授
「草原の文化的景観」
東京農業大学 麻生恵教授
「伊勢神宮式年遷宮と萱地管理」神宮司聽営林部 中川典之氏
「伊勢神宮式年遷宮と萱地管理」
神宮司聽営林部 中川典之氏
「伊勢神宮式年遷宮と萱地管理」
神宮司聽営林部 中川典之氏
「伊勢神宮式年遷宮と萱地管理」
神宮司聽営林部 中川典之氏
ティータイム 地元の物産も並ぶ
ティータイム 地元の物産も並ぶ
富士山麓の茅
富士山麓の茅
コーディネーター
日本茅葺き文化協会 米山淳一
コーディネーター
日本茅葺き文化協会 米山淳一
富士宮市教育委員会富士山文化課 浅井一信課長
富士宮市教育委員会
富士山文化課 渡井一信課長
開催地報告「富士山世界遺産登録へ向けて」
開催地報告
「富士山世界遺産登録へ向けて」
朝霧高原活性化委員会 岸野正美氏
朝霧高原活性化委員会
岸野正美氏
開催地報告「朝霧高原ふる森の茅場とその取り組み」
開催地報告「朝霧高原
ふる森の茅場とその取り組み」
27都府県から160名以上が参加
27都府県から160名以上が参加
「御殿場の茅刈り事業」富士勇和産業 長田友和氏
「御殿場の茅刈り事業」
富士勇和産業 長田友和氏
山梨県富士河口湖町 中村孝一氏
山梨県富士河口湖町
中村孝一氏
「西湖いやしの里の現状と課題」
「西湖いやしの里の現状と課題」
越中五箇山菅沼集落保存顕彰会 荒井崇浩氏
越中五箇山菅沼
集落保存顕彰会 荒井崇浩氏
世界遺産五箇山合掌の森の取り組み
世界遺産五箇山合掌の森の取り組み
淡河かやぶき屋根保存会くさかんむり代表 相良育弥氏
淡河かやぶき屋根保存会
くさかんむり代表 相良育弥氏
「茅葺きをもっと身近に」
「茅葺きをもっと身近に」
パネルディスカッション
パネルディスカッション
パネルディスカッション
パネルディスカッション
総合司会 日本茅葺き文化協会 内海美佳
総合司会
日本茅葺き文化協会 内海美佳
閉会挨拶 富士宮市教育次長 矢崎正文氏
閉会挨拶
富士宮市教育次長 矢崎正文氏
情報交換会 開会の挨拶 富士宮市副市長 芦沢英治氏
情報交換会 開会の挨拶
富士宮市副市長 芦沢英治氏
情報交換会 地元食材のおもてなし
情報交換会 地元食材のおもてなし
乾杯の挨拶 浅井一信課長
乾杯の挨拶 渡井一信課長
乾杯
乾杯
村山大日堂
村山大日堂
井出家高麗門および長屋
井出家高麗門および長屋
井出家よりご挨拶と解説
井出家よりご挨拶と解説
旧鱒の家
旧鱒の家
朝霧高原の茅場
朝霧高原の茅場
朝霧高原の茅場
朝霧高原の茅場
東京農業大学 木村悦之先生による解説
東京農業大学
木村悦之先生による解説
竹川家当主による解説
竹川家当主による解説
見学会参加者集合
見学会参加者集合
竹川家の芝棟門
竹川家の芝棟門
昼食は地元食材のお弁当
昼食は地元食材のお弁当
西湖いやしの里根場所長 小林邦彦氏による案内
西湖いやしの里根場所長
小林邦彦氏による案内
茅の展示説明 茅吉 杉㟢靖司氏
茅の展示説明
茅吉 杉㟢靖司氏
西湖いやしの里根場
西湖いやしの里根場
西湖いやしの里根場
西湖いやしの里根場
   

第1回茅葺きの里現地研修会〔新潟県佐渡市〕

日 時 2012年11月10日(土)~11日(日)
会 場 新潟県佐渡市
対象者 日本茅葺き文化協会の会員・関係者 30名程度(10名以上で実施予定)
見学先 国仲平野の茅葺き、小木町の宿根木、能舞台
    北条家住宅(主屋、長屋門)
    妙照寺(本堂)
    国分寺(山門、瑠璃堂、庫裏)
    妙宣寺(山門、庫裏、小屋)
    宿根木の町並み
    大膳神社能舞台
文化講座 「佐渡の文化と茅葺き」講師 山崎完一氏(新潟市文化財審議委員)
宿 泊 佐渡市内民宿

スケジュール チラシ(PDF)
11月10日(土)
  12:45     両津港待合室 集合(新潟港11:30発のジェットフォイルの利用が便利です)
  13:00~17:00 国仲平野の茅葺き建物見学研修 北条家住宅(国重文)、大膳神社能舞台、菊池家住宅(県指定文化財)ほか
         宿泊場所へ移動、夕食
  19:00~   「佐渡の文化と茅葺き」レクチャー 宿にて
11月11日(日)
  8:30     宿出発
  9:00~13:00 宿根木の町並み見学
  13:00~   草刈神社能舞台ほか
  15:00    両津港到着 閉会(両津港15:30発のジェットフォイル利用が便利です)

妙照寺
妙照寺
妙宣寺山門
妙宣寺山門
妙宣寺庫裏
妙宣寺庫裏
国分寺山門
国分寺山門
国分寺瑠璃堂
国分寺瑠璃堂
国分寺庫裏
国分寺庫裏
佐渡の海の幸に舌鼓
佐渡の海の幸に舌鼓
文化講座「佐渡の文化と茅葺き」
文化講座「佐渡の文化と茅葺き」
宿根木の石置き屋根
宿根木の石置き屋根
宿根木の町並み
宿根木の町並み
宿根木の民家内部
宿根木の民家内部
大膳神社能舞台にて
大膳神社能舞台にて

会津大内宿で茅刈りと茅葺き体験研修

日 時 2012年11月17日(土) 会津流茅葺き体験研修
    2012年11月18日(日) 茅刈り体験
会 場 体験研修:大内宿茅場、茅葺き研修施設(旧大内分校)
    茅葺き文化講座、交流会:大内集会所
    宿泊:大内宿茅葺き民宿「伊勢屋」「本家扇屋」「山形屋」を予定 チラシ(PDF)
スケジュール
11月17日(土)
 13:00     大内宿入口集合
 13:10~13:20 あいさつ、注意事項など
 13:30~17:00 茅葺き体験研修
 18:00~19:00 夕食 秋の会津郷土料理
 19:00~20:30 茅葺き文化講座
 19:00~20:30 「会津流茅葺きと大内宿の取り組み」吉村徳男氏(大内宿結いの会)
 19:00~20:30 「半自然草原の役割 ー茅場が支える日本の生物多様性ー」津田 智氏(岐阜大学流域圏科学研究センター准教授)
11月18日(日)
 18:30     集合
 18:30~9:001 あいさつ、注意事項など
 19:00~12:00 茅刈り体験研修
 12:00~13:00 昼食 秋の会津郷土弁当
 13:00~14:30 茅刈り体験研修
 15:00     解散、集落内自由見学
(平成24年ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業)

茅葺き研修
 大内宿では、大内結いの会を中心に、茅葺き技能後継者育成のため、大内の茅葺き所有者の後継者の若者を対象に毎週技能講習会を行っている。
その研修施設にて、茅葺き職人と若手技能後継者の指導のもと、茅葺きの体験研修を行った。参加者は、大学生、研究者、茅葺き愛好者の他、造園職人、他地域で修行中の若手茅葺き職人など。
 会津茅手の茅葺きの技を市民が体験習得することで、茅葺き文化の理解と関心を深め、より広くその支援者のすそ野を広げ普及啓発をはかる一助とすることができた。
 さらに他地域で修行中の若手職人と造園職人が一緒になり、会津流茅葺きの技能研修を行った。茅葺き職人集団としてよく知られている会津茅手の技を、他地域の若手職人が研修習得することで、多雪地帯の会津茅手の茅葺き技術の理解を深め、大内で研修する若手技能後継者との技術交流の機会とすることができた。

茅刈り研修
 大内の茅場において、熟練者の指導のもと、茅刈りの体験研修を行った。茅刈り体験研修を通じて、多雪地帯の大内宿での茅刈りの適期、茅刈り方法、束ね方、乾燥方法、保管方法および茅場の維持管理方法を学ぶことで、ふるさと文化財の森である大内宿茅場を維持するための担い手の育成の一助とすることができた。

茅葺き文化講座
講師:岐阜大学流域圏科学研究センター 准教授 津田智氏「半自然草原の役割 —茅場が支える日本の生物多様性—」
  :大内宿結いの会 吉村徳男氏 「会津流茅葺きと大内宿の取り組み」

 茅場は茅資源の供給地として維持管理がされることで、生物多様性の宝庫となり、近年、その草原としての価値が再評価されている。日本の草原の種類と現状、半自然草原としての茅場の果たす役割や、野焼きが植生に与える影響、その維持保全の意義と方法を主題とした、茅葺き文化講座を開催した。さらに、会津茅手の技術と大内宿でのこれまでの取り組みについて、講座を開催した。
 これらによって、参加者および地元住民へ、茅の採集から葺き替えに至る一貫した理解を深めることができ、また、地元住民と参加者が、相互に情報交換と交流をはかることができた。

大内宿の町並み
大内宿の町並み
茅葺き体験研修は縄結びから教わる
茅葺き体験研修は縄結びから教わる
縄結びに苦戦する初心者
縄結びに苦戦する初心者
茅葺き体験は初心者と慣れた人に分かれて研修
茅葺き体験は初心者と
慣れた人に分かれて研修
熱心に質問する経験者たち
熱心に質問する経験者たち
茅を並べて竹で締める
茅を並べて竹で締める
他地域の若手職人も技術交流
他地域の若手職人も技術交流
葺き上げた屋根の前で
葺き上げた屋根の前で
茅葺き文化講座「半自然草原の役割」「大内宿の取り組み」
茅葺き文化講座「半自然草原の役割」
「大内宿の取り組み」
講師 岐阜大学津田智先生
講師 岐阜大学津田智先生
茅刈り体験研修
茅刈り体験研修
刈った茅は島立てにして乾かす
刈った茅は島立てにして乾かす
鎌で手刈りを体験した参加者たち
鎌で手刈りを体験した参加者たち
大内宿町並み展示館にて「全国の茅葺き集落と茅刈りと茅葺きの技」パネル展
大内宿町並み展示館にて
「全国の茅葺き集落と
茅刈りと茅葺きの技」パネル展
 

五箇山茅刈り体験ワークショップ開催

日 時 2012年10月20日(土)~21日(日)
会 場 体験研修:菅沼集落、相倉集落の茅場
    茅葺き文化講座・交流会:菅沼集落 与八
宿 泊 五箇山合掌の里コテージ
日 程
10月20日(土)
   14:00     五箇山合掌の里(菅沼)駐車場集合
   14:15~16:45 茅刈り体験研修(菅沼集落)
   18:00~19:00 夕食(秋の五箇山郷土料理:菅沼集落 与八)
   19:00~20:30 茅葺き文化講座「地域資源を利用した里山保全の取り組み」筑波大学芸術系 准教授 黒田乃生(予定)
   20:30~    交流会

10月21日(日)
   8:30     集合
   9:00~12:00 茅刈り体験研修(相倉集落)
   12:00~13:00 昼食(秋の五箇山郷土弁当)
   13:00 解散  集落内自由見学

※プログラムは多少変更になる場合がございます。ご了承下さい。チラシ(PDF)

世界遺産合掌造り集落五箇山には、菅沼と相倉の2つの集落がある。菅沼集落の茅場は日陰に位置するため、茅刈りしたらその場で結束し、集落に運搬して、まず雪囲いにして茅を乾燥し、雪溶けの春に屋根葺きをする。一方の相倉集落の茅場は日向なので、茅を刈り取ってそのまま茅場で数日間干してから結束して運搬し、昔はそのまま秋に屋根葺きをしていたという違いがある。茅刈り体験研修ワークショップでは、菅沼の茅場で刈って、運搬して、雪囲いをつくる体験をし、相倉の茅場では刈って、干すという両方の体験研修を行った。

五箇山菅沼集落
五箇山菅沼集落
茅刈りの指導をしてくれるベテランの小林亀清氏
茅刈りの指導をしてくれる
ベテランの小林亀清氏
斜面で茅(カリヤス)を刈り、束ねて運搬
斜面で茅(カリヤス)を刈り
束ねて運搬
菅沼集落の茅場での茅刈りを終えた参加者
菅沼集落の茅場での
茅刈りを終えた参加者
刈った茅を集落に運んで、雪囲いにする
刈った茅を集落に運んで
雪囲いにする
茅葺き文化講座にて地元の活動報告など
五箇山菅沼集落
茅葺き職人の小林氏に熱心に質問する参加者たち
茅葺き職人の小林氏に
熱心に質問する参加者たち
相倉集落の茅場での茅刈り
相倉集落の茅場での茅刈り
相倉集落の茅場では刈った茅を斜面に広げて干す
相倉集落の茅場では
刈った茅を斜面に広げて干す
相倉集落の一つの斜面を刈り終えた
相倉集落の一つの斜面を刈り終えた

総会・第3回茅葺きフォーラム(福島県天栄村大会)

「森の資源が循環する地域づくり 茅葺きによる福島の復興の取り組み」
日 時 2012年6月9日(土)~10日(日)
場 所 天栄村羽鳥湖高原交流促進センター(福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-3857)
プログラム(詳しくはPDFをご覧ください)
 6月9日(土)
  11:00~ 総会
  13:00~ 第3回茅葺きフォーラム
  18:00~ 情報交換会
 6月10日(日)
  8:30~ 見学会
 プログラム(PDFが開きます) 第3回茅葺きフォーラム写真報告


茅刈り、茅葺きワークショップの開催(2011.10.29~30、11.19~20)

 秋には、茅刈りや茅葺きのワークショップを開催し、昨年度より、文化庁ふるさと文化財の森システム推進事業普及啓発事業として、五箇山の茅場と茅葺き文化の維持保全活用をはかるための普及啓発事業を行っている。
五箇山では、集落に近いところから田畑として利用し、茅場は未利用地の山の急斜面にある。相倉集落の茅場は日向なので、茅を刈り取ってそのまま茅場で干してから結わえて運搬し、昔はそのまま秋に屋根葺きをしていた。一方の菅沼集落の茅場は日陰なので、茅を刈り取ったらすぐに結わえて、集落に運搬して、まず雪囲いにして乾燥し、雪溶けの春に屋根葺きをするという違いがあった。10月に行った茅刈りワークショップでは、菅沼の茅場で刈って、運搬して、雪囲いを体験し、相倉の茅場では刈って、干すという体験をした。また、菅沼集落では過疎化と高齢化により、茅刈りを森林組合に任せていたので、茅を刈ったことのない住民がほとんどだった。そのような状況の中、昨年度の茅刈りと茅葺き体験ワークショップと市民講座を通じて、気運が高まり、今年度は、菅沼集落の住民が参加者と一緒に茅刈りを行うことができた。さらに、菅沼集落では、新しい茅場の造成のため、参加者とともに茅の植株を行った。 同時に開催した茅葺き文化講座では、草地の多様な生き物の生態や、茅場の再生と利活用の取り組み、五箇山の茅場の歴史について学んだ。
 翌月の茅葺きワークショップでは、各地の若手職人が参加する技能研修と一般市民の体験研修のコースに分かれ、五箇山の茅葺きの技を学んだ。同時に開催した茅葺き文化講座では、同じ合掌造りでも白川郷と五箇山では、葺き方が異なることや、地域色豊かな茅葺きの技を職人から学んだ。

茅刈りワークショップ写真報告 茅葺きワークショップ写真報告


仮設住宅の屋根の断熱材に茅を使う(2011.6~7月)

東日本大震災復興支援
 2011年6月7日、仮設住宅が建設されているいわきニュータウンに4トン車に満載された山茅が届いた。送り主は御殿場の富士勇和産業。さらにその支援の輪は広がり、森林塾青水の清水塾長を通じて、群馬県みなかみ町藤原地区から、さらに茨城県のやさと茅葺き屋根保存会からも会津若松の仮設住宅建設現場に山茅が届いた。
 震災直後、当協会に富士勇和産業代表の長田さんから、今回被災した茅葺き民家があればその補修の材料として、2000束提供したいと申し入れがあった。しかし、被災した茅葺き民家からの要請はなかった。
 一方、被災者のための応急仮設住宅建設が始まり、福島県では、地域産材の利用と職人の雇用促進のために、木造仮設住宅の建設を決定し、公募した。それに対して、当協会代表理事の安藤邦廣(筑波大学教授)がかねてより技術開発をすすめていた、板倉構法による仮設住宅の提案を行い、福島県いわき市と会津若松市に200戸の建設が決まり、工事が始まった。その中で、グラスウールなどの断熱材が不足し、また、廃棄物を出さず自然素材だけでつくりたいという考えから、茅を断熱材として使うアイディアが生まれ、長田さんより申し入れがあった茅を仮設住宅の屋根の断熱材として使用することが決まった。
 茅葺き屋根の補修には使えなくとも、被災者の支援に役立てたいという目的に適い、あわせて茅の新たな需要開拓にもつながるという考えに、長田さんも賛同し、茅による断熱材使用が実現したのである。板倉構法の屋根は、垂木をはさんで1寸厚のスギ板二枚張りとしている構法で、その間の空気層に茅を入れて、断熱性を高めるという設計である。これでグラスウールと同等以上の断熱性能が得られる。また、使用後は、茅としての再利用、あるいは傷んだ部分は肥料として土に還る。現代の茅葺き屋根といっても過言ではない独創的な屋根が出来上がった。
 茅の多目的利用や新たな需要開拓の必要性については、当協会のフォーラムでもたびたび議論されてきたところであり、震災というこの危機を乗り越えるにあたり工夫された新しい茅の利用法として注目し、期待したい。(「茅ふきたより3号」原稿に加筆修正)

茅搬入
茅搬入
茅入れ
茅入れ
全景
全景

総会・第2回 茅葺きフォーラム

「茅葺きは地域資源」「茅葺き職人談義」
2011年6月4日(土) 総会・フォーラム 情報交換会
2011年6月5日(日)
  <見学Aコース>知覧武家屋敷見学、茅葺きの宿 雅叙苑 見学および昼食
  <見学Bコース>知覧武家屋敷見学、茅葺きの宿 雅叙苑 見学および昼食、熊本県人吉球磨見学
会場
●総会・フォーラム ちらん夢郷館ホール 南九州市知覧町郡6209番地1
●情報交換会    知覧ふもと公園(夢郷館近く)
●宿 泊      富屋旅館(特攻の母"鳥濱トメ"が営んで来た木造旅館)又は知覧町内ビジネスホテル
 茅葺き文化と技術の継承と振興を共に考え、また茅葺きに関わるネットワークを広げるため、毎年春に全国各地で「茅葺きフォーラムを開催している。前身の茅葺きネットワークで2000年から毎年開催しており、法人化してからは、第一回となる2010年は世界遺産合掌造り集落の富山県南砺市で、第二回は鹿児島県南九州市知覧にて開催した。2012年は茅葺きの温泉旅館の残る福島県天栄村で開催予定である。
 今年度の鹿児島大会では、「茅葺きは地域資源」「茅葺き職人談義」をテーマにフォーラムを開催した。開催地報告として、麓集落の武家屋敷群を中心とした知覧の町並みと知覧型二ッ家の茅葺き建物について報告があった。さらに、第一セッションの「茅葺きは地域資源」では、「地域資源としての二階堂家住宅」二階堂行宣氏(高山二階堂家第十五代)、「阿蘇の草資源利用の多様性」中坊真氏(NPO九州バイオマスフォーラム事務局長)、「地域資源と茅葺きの宿」田島健夫氏(忘れの里雅叙苑代表)の3名により、事例紹介があった。文化財、草資源、観光資源と茅をそれぞれの立場からとらえ、茅を地域資源ととらえ継承するには、新たな利用法や価値を見出だし、アピールする必要があると語った。第二セッション「茅葺き職人談義」では、「国宝青井阿蘇神社の葺き替え」中村澄治氏(球磨葺みこし屋根)、「阿蘇の茅刈りと茅葺き」小川剛史氏(肥後茅葺き屋根工事)、「日田の杉皮葺き」上村淳氏(奥日田美建)、「知覧茅葺屋根技術保存会の取り組み」永崎一男氏(知覧茅葺屋根技術保存会)の4名によって事例紹介と職人談義が行われた。材料供給の方法、屋根のかたちやその技は地域色豊かで、全国から集まる会場の職人からも熱心に質問がされた。さらに翌日の見学会では、鹿児島県内で、知覧武家屋敷、霧島市の茅葺きの宿「雅叙苑」を見学した後、熊本県人吉球磨地方の見学を行った。人吉球磨地方には、日本で唯一の茅葺きの国宝である青井阿蘇神社をはじめとし、多くの社寺建築を中心とした茅葺き建物が残されており、その中から、岩屋熊野座神社、青蓮寺阿弥陀堂、明導寺阿弥陀堂、太田家住宅を見学した。

第2回茅葺きフォーラム写真報告
詳しくはこちらのプログラム(PDF)参加申込書(PDF)をご覧下さい。(別ウインドウが開きます)


まちむら交流きこう&日本茅葺き文化協会

平成22年度 農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナー「茅葺き民家編」
 茅葺き民家を貴重な地域資源として捉え、地域活性化に生かすためには何が必要か

日 時:2011年2月4日(金) 13:30~16:20
会 場:まちむら交流きこう 会議室(東京都千代田区神田東松下町45番地 神田金子ビル5階)
参加費: 一般 5,000円 当協会会員 2,000円
プログラム
13:30~13:40 開講:挨拶
13:40~14:20 1.「茅葺きという家」
          講師:国立大学法人筑波大学芸術学系教授・建築家 安藤 邦廣
14:20~15:00 2.「茅葺きという地域づくり(茅葺きそのものが地域づくり)」
          講師:地域遺産プロデューサー 米山 淳一
休 憩(15分)
15:15~15:55 3.「茅葺きという仕事」
          講師:茅葺き職人(京都・美山)西尾 晴夫
15:55~16:20 4.講演者との意見交換等
          参加者による質疑応答・意見交換
申し込み用紙等詳細はこちら↓
http://www.kouryu.or.jp/seminar/22-18nousyoukouseminar.html


第一回茅刈り体験ワークショップを開催

日 時 2010年10月30日(土)午後2時~5時
場 所 富山県南砺市相倉(重要伝統的建造物群保存地区)「高桑家」
開催趣旨 米山淳一(当会理事)
講 演1.「相倉の茅場の変遷」
講 演2.「草の多目的利用とその支援活動」
       NPO法人九州バイオマスフォーラム 中坊 真氏
討 論
◎茅狩り体験 10月31日(日)
 地元の住民のみなさんのご指導と当会理事長 安藤邦弘(つくば大学教授)の解説で五箇山の茅場で屋根ふき材の茅を狩る作業をボランティアで行った。
*文化庁文化の森助成事業

会場の高桑家
会場の高桑家
土間で全国の茅葺民家集落の写真展を開催
土間で全国の茅葺民家集落の写真展を開催
講座では茅場の変遷は注目であった
講座では茅場の変遷は注目であった
講演する中坊氏
講演する中坊氏
宿泊先の民宿で。集落の保存にご尽力されている ご当主の池端氏と中坊氏、上野事務局長、米山
宿泊先の民宿で。集落の保存にご尽力されている
ご当主の池端氏と中坊氏、上野事務局長、米山
撮影 米山淳一

2010年10月30・31日 茅刈り体験ワークショップ
2010年11月20・21日 茅葺き体験ワークショップを開催いたしました。

パンフレット表面(jpeg) パンフレット裏面(jpeg)


日本茅葺き文化協会設立記念
第1回 茅葺きフォーラム 茅葺きの暮らしと生業 開催のお知らせ

2010年6月26日(土) 総会・フォーラム 情報交換会
2010年6月27日(日) 見学会 合掌集落、茅葺き現場、茅場
会場 春光荘(平行政センター)富山県南砺市下梨2240番地
●総会・フォーラム 春光荘(平行政センター)3階大ホール
●情報交換会    春光荘(平行政センター)2階和室
●宿 泊      相倉合掌集落内の民宿に分泊
詳しくはこちらのPDFをご覧下さい。(別ウインドウが開きます)


第1回茅葺きフォーラム写真報告のページを公開いたしました(2010.7.18)
第1回茅葺きフォーラム写真報告(2日目)のページを公開いたしました(2010.9.4)